サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > JA松阪のご案内 > ディスクロージャー

ディスクロージャー

主要な指標ディスクロージャー誌

 JA松阪では、組合員をはじめ利用者の皆様に財務・経営内容に関する情報を開示し、安心・納得して事業をご利用頂くために、ディスクロージャー(情報開示)を行っています。

主要な指標

※さらに詳しい内容については、下記のディスクロージャー誌をご覧下さい。

【金融再生法開示債権(単体)】

「金融再生法開示債権」とは、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」に基づく開示債権のことで、債権者に対する与信額(貸出金の他、未収利息・債務保証見返等)が対象になります。

(単位:百万円)
債権区分 平成30年9月末 平成30年3月末 増減
破産更生債権及びこれらに準ずる債権 179 165 14
危険債権 124 144 ▲20
要管理債権 0 0 0
正常債権 31,207 29,461 1,746
合計 31,511 29,771 1,740

(債権区分)

●破産更生債権及びこれらに準ずる債権
 法的破綻等による経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権。

●危険債権
 経営破綻の状況にはないが、財政状態の悪化等により、元本及び利息の回収ができない可能性の高い債権。

●要管理債権
 3ヶ月以上延滞貸出債権及び貸出条件緩和貸出債権。

●正常債権
 上記以外の債権。

(注記)

 平成30年9月末の計数は、次の方法により算出しています。
1.各債権区分額は、平成30年3月末時点の債権区分を基準として、平成30年9月末時点の残高に修正しています。
2.平成30年3月末から9月末までの間に、債務者区分の変更が必要と認識した先については、9月末時点の債務者の状況に基づき債権区分を変更しています。

【単体自己資本比率(国内基準適用)】

自己資本比率とは、総資産額に占める自己資本の割合のことで、金融機関の経営の健全性を表す指標として用いられています。この数値が大きいほど健全性が高いと評価され、金融業務を行う場合、国内基準で4%以上、JAグループの自主基準で8%以上が求められます。

  平成30年9月末(参考) 平成30年3月末
単体自己資本比率 11.60% 11.95%

(注記)

 平成30年9月末の自己資本比率(参考)は、次の方法により算出しています。
1.平成30年3月末のオペレーショナル・リスク相当額に基づき算出しています。
2.平成30年9月末の自己資本額及び信用リスク・アセット額に基づき算出しています。ただし、一部の項目については平成30年3月末の額を使用しています。

【主要勘定の状況】

(単位:百万円)
区分 平成30年9月末 平成30年3月末 平成29年9月末
貯金 186,502 180,375 179,850
貸出金 31,450 29,716 30,759
預金 127,685 126,194 125,731
有価証券 28,072 25,938 25,073
金銭の信託 1,103 500 0

このページのトップへ

ディスクロージャー誌

【平成30年度9月末 JA松阪の現況】

一括ダウンロード

【平成29年度 JA松阪の現況】

一括ダウンロード

≪目次別≫

目次

ごあいさつ

1.経営理念

2.経営方針

3.経営管理体制

4.農業振興活動

5.沿革・歩み

6.事業の概況(平成29年度)

7.地域貢献情報

8.リスク管理の状況

9.自己資本の状況

10.主要な業務の内容

11.経営の組織

12.役員構成

13.事務所の名称及び所在地

14.直近の2事業年度における財産の状況

15.直近の5事業年度における主要な業務の状況を示す指標

16.直近の2事業年度における事業の状況を示す指標

17.自己資本の充実の状況

18.役員等の報酬体系




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.