サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > JA松阪のご案内 > 中期経営計画

第10次中期経営計画

基本方針

 JA松阪は、組合員や地域の皆様の営農やくらしを支え、地域農業振興及び社会貢献を行う組織と人づくりを実現するため、平成28年度を初年度とする第10次中期経営計画を策定しました。計画の実現に向けて役職員一同、一生懸命に取り組んでまいります。

JA松阪が目指す姿

第10次中期経営計画概要図

基本目標及び全体戦略

基本目標1 「多彩な農業」を維持・拡大する改革の実践

  • 全体戦略1 「農業者所得の向上」

     自己改革の基本目標である「農業者の所得増大」の実現に向けて、組合員農家のトータルコスト低減の実践と農畜産物のマーケットインに基づく生産・販売の拡大に取り組み、農家手取りの最大化に向けた購買・販売事業の革新を図ります。

  • 全体戦略2 「担い手育成支援」

     農協改革とJA松阪管内の農業実態を踏まえ、地域をリードする「担い手経営体」、地域農業を支える「中核的担い手」、地域の農業・農村を支える「多様な担い手」すべての組合員農家の利用者満足度を最大化するため、総合事業の事業間連携体制を構築し、それぞれの担い手ニーズを把握するとともに、それに応じた取り組みを明確化し着実に実践します。

  • 全体戦略3 「相続・事業承継支援」

     組合員世帯の高齢化に伴い、次世代・後継者が引き続きスムーズに事業を利用していただけるように、相続や事業承継等の相談に対し、適格な情報提供が出来る体制を整備します。

基本目標2 協同組合活動の実践による「元気な地域」づくりの実現

  • 全体戦略4 「地域支援活動」

     JA総合事業を通じた生活インフラの充実と地域コミュニティーの活性化を図り、安心して快適に暮らせる地域づくりに取り組みます。

基本目標3 環境変化を踏まえた組織経営基盤の強化の実現

  • 全体戦略5 「組合員活動促進」

     多様化する組合員のニーズを把握し、事業利用の拡大と地域農業・協同組合への理解を深める活動を通じて、組合員の組織活動への参加促進、意思反映を進めます。

  • 全体戦略6 「人財育成」

     組合員・利用者に満足を提供できる専門性と総合力、農協運動の推進者としての意識をもち、自ら考え行動する自律型職員を育成します。

  • 全体戦略7 「健全経営の維持と確立」

     健全経営の維持・確立に向けて、コンプライアンス態勢とリスク管理態勢を構築するとともに、PDCAサイクルの着実な実践と経営管理の強化を図り、計画経営を徹底します。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪シンボルキャラクター バグちゃん レディちゃん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.