サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > 楽しい園芸情報

楽しい園芸情報

煮物にしても色鮮やか チンゲンサイ

 中国華中地方の原産で漢名は「青梗菜」。戦後中国から導入、または過去のものが再導入された野菜は多いのですが、根付いたものは少数しかありません。その数少ない例がチンゲンサイなのです。
 人気のもとは、火を通すと緑色が鮮やかさを増し、煮崩れ、目減りが少なく、あくがないなど、煮物、炒め物、おひたし、あるいは漬物にと、使い道が広いからです。
 冷涼な気候を好み、生育適温は15〜22度ですが、暑さ寒さにも葉茎菜類のうちではかなり耐える方で、4月下旬〜9月中旬まで幅広く種まきでき、育てやすいので家庭菜園には打ってつけです。
 畑にじかまき、または育苗して植え付け、両方できますが、長期間収穫を楽しむにはじかまき、畑の回転を良くするには育苗を、と使い分けます。
 じかまきの場合には、まず全面に完熟堆肥、油かす、化成肥料を15cmくらいの深さに耕し込み、準備しておいた畑に、くわ幅より広めの18〜20cm幅のまき溝を作り、2〜3cm間隔に、満遍なく種をまきます。覆土は5〜6mmぐらいとし、夏に向かう栽培では防乾、防暑のために、その上に切りわらまたはもみ殻などを薄く敷いておきます。
 発芽したら本葉2〜3枚の頃4〜5cm間隔に間引きます。その後も逐次間引き、最終株間を夏は16〜17cm、冬は14〜15cmぐらいにします。まき溝の幅を広くしておいたのは、間引きながら次々に収穫し、長い間収穫を楽しむためです。
 生育中15〜20日に1回、列の両側に肥料をばらまき、くわで軽く土に耕し込むようにしながら中耕します。
 高温期にはアブラナ科野菜共通のコナガ、ヨトウムシなど害虫にやられやすいので、べた掛け資材やネット類を被覆したり、薬剤散布したりして防除します。
 下の方の葉に隙間ができるので、泥はねにより葉が汚れやすいですが、これを防ぐにはフィルムマルチが有効です。この場合にはセルトレイ(128〜200穴)に種まきし、本葉5〜6枚の苗に仕上げて穴開きマルチを敷いた畑に植え付けます。じかまきの場合には穴開きマルチフィルムに、1穴4〜5粒まき、育つにつれて間引き、草丈4〜5枚の頃1本立ちにします。
 種まき後春は45〜55日、夏は35〜45日、冬は50〜65日たち草丈が15〜20cm、150gぐらいに育ったら収穫適期です。夏には株張りが悪く軟弱なものになりやすいです。株間を広く取り、肥切れさせずにしっかりしたものに育て上げましょう。


JA広報通信2013年3月号




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪シンボルキャラクター バグちゃん レディちゃん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.