サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > 農業歳時記

農業歳時記

JA松阪管内の農業にかける生産者の姿や情熱に迫ります

2019年5月更新

高品質を目指して栽培に取り組む   「高品質を目指して栽培に取り組む」
  玉ねぎ生産者 澤 広美さん
  

・新たな品目の栽培
 農業は昔からしていましたが、3年前に仕事を退職したのを機に、本格的に始めました。玉ねぎの栽培を始めたのは昨年から。出荷するのは今年が初めてになります。当初はズッキーニやカボチャを栽培していましたが、栽培が始まる前の4月〜5月の期間に何か出来ないかと考えていたとき玉ねぎを見かけ、JAの営農指導員に相談して栽培を始めました。

・納得のいくものを目指して
 栽培で大切にしているのは土作りです。土には有機物をたくさん混ぜるようにしています。牛糞などの堆肥を混ぜあわせ、良い土作りに取り組むことで、品質の良いものが出来るよう努めています。しかし、今年の出来は自分ではあまり納得していません。病気の被害も少なく順調に生育はしましたが、苗の大きさが揃わなかったのが反省点だと思っています。まだまだ始めたばかりなので手探りなところもありますが、来年は今年の反省を踏まえて栽培に取り組んでいきたいと思います。

・今後も意欲的な栽培を
 農業をしていて何より嬉しいのは、自分の作った野菜を食べてくれた人がおいしいと喜んでくれること。友達や子ども、孫たちが「安全だしおいしい」と言ってくれるのはとても嬉しいですね。
 これからも無理はせずに栽培を続けていきたいと思っています。今後はブロッコリーやキャベツなど秋冬野菜の栽培にも取り組んでいきたいですね。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.