サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > トピックス

トピックス 〜JA松阪管内の出来事をタイムリーにお知らせ〜

出荷前に規格を確認/乾椎茸部会選別研修会

2017年4月6日更新

きのこセンター職員(右)と規格を確認する生産者ら
きのこセンター職員(右)と規格を確認する生産者ら

 JA松阪大石椎茸部会は4月4日、大石町で乾椎茸選別研修会を開きました。生産者やJA関係者合わせて14人が参加し、生産者が持ち寄った乾椎茸を実際に選別し、サイズや規格を再確認しました。
 今年の作柄は、3月に低温が続き、乾燥したことから、小ぶりなものが多く、全体の6割程度を占める傾向にあります。講師を務めた一般財団法人日本きのこセンター職員は「特小厚サイズが今年の平均的なものになるので、特にそのサイズの選別がポイントになる」と選別の注意点を話していました。
 同部会部会長は「ナラ枯れ病が流行するなど、課題もあるが、単価が上昇してきているので、少しでも多く出荷し、収入につなげたい」と意気込んでいました。
 同部会では、生産者18人が原木椎茸を栽培。収穫後、熱乾燥し、乾椎茸として年間1.8dを出荷しています。毎年、出荷前の4月に選別研修会、7月には原木の菌の回り具合を確認する活着研修会を行い、品質の向上を目指しています。

・椎茸についてはコチラ




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪シンボルキャラクター バグちゃん レディちゃん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.