サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > トピックス

トピックス 〜JA松阪管内の出来事をタイムリーにお知らせ〜

エゴマ播種始まる/生産面積1.5倍に拡大

2018年5月25日更新

播種機を使い、セルトレイへ播種していく職員ら
播種機を使い、セルトレイへ播種していく職員ら

 JA松阪では5月22日にエゴマの播種を行いました。エゴマは「農業者所得の向上」の取り組みの1つ。中山間地域での鳥獣害に強い農産物振興を目指し、被害を受けにくい作物として注目されているエゴマの栽培を平成28年度から始めています。昨年度には「えごま油」として初めて商品化。健康に良いとされることから人気が高く、今年2月より直売所などで販売を開始したところ、5月中旬時点で160本が売れるなど売り上げは好調です。
 この日は128穴のセルトレイ150枚分を播種。今後JA営農指導員らが管理し、6月中旬以降農家に配布します。
 平成28年度の試験栽培は10人で始まりましたが、今年度は17人が栽培に取り組み、面積は約1.5倍になる見込みです。また、今年度からは地域の女性部と協力し、エゴマ油を使った料理教室を開催するなど、新たな特産物を地域の人々にも親しんでもらうための活動にも取り組んでいきます。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.