サイトマップ お問い合わせ 採用情報 緊急連絡先

JA松阪 消費者の方 地域の方 組合員の方
サイト内検索   文字サイズ変更
小 標準 大




トップページ > 旬の話題 > トピックス

トピックス 〜JA松阪管内の出来事をタイムリーにお知らせ〜

えごま油を地元に広めたい/えごま生産者が市長にPR訪問

2019年1月24日更新

      
生産者らがこれまでの取組みを説明しました
生産者らがこれまでの取組みを説明しました
2種類のラベルのえごま油を手にPRする竹上市長(右から3人目)と生産者ら
2種類のラベルのえごま油を手にPRする
竹上市長(右から3人目)と生産者ら

 1月22日に当JA管内のエゴマ生産者5人が松阪市役所へえごま油のPRのために竹上真人同市長を訪問しました。
 当JAでは、管内の中山間部である飯南・飯高地域を中心にエゴマの栽培に取り組んでいます。同地区では獣害被害が深刻な問題となっているほか、少子高齢化の進行や、耕作放棄地の増加などの課題があり、地域農業を守りたいという住民の強い思いから、平成28年度から地域の組合員と協力し、取り組みを開始しました。今回はこうした取り組みについて、地元である松阪市民にももっと知ってほしいという想いから、生産者自らが市長を訪問、PRしました。
 訪問した生産者の1人はこれまでの経過を説明するとともに「まだまだ面積は少ないが地域を何とかしたいと取り組んでいる。市からもご理解、ご支援をお願いしたい」と説明。
 竹上市長は「農地を守ることは人が住むところを守ることに繋がる。耕作放棄地について何とかしたいと市としても取り組んでいる所。是非続けてほしい」と後押ししました。
 エゴマはシソ科の植物で、獣害に強い作物とされています。実を絞って作るえごま油は健康に良いとされ、近年注目を浴びています。当JAでは平成29年度から製品化し、本格的に栽培を始めており、当初は10戸ほどだった生産者も現在は23戸が0.5haの面積で取り組むなど、徐々に拡大しています。




ページの上部へ
JA松阪 JA松阪イメージキャラクター きっするん

松阪農業協同組合 〒515-0205 三重県松阪市豊原町1043-1 TEL 0598-28-2111 FAX 0598-28-6599 Copyright(c) JA-MATSUSAKA.ALL Rights Reserved.